報道について考える


by orenomitidakara

カテゴリ:政局( 1 )

内閣支持率が危険水域に突入するかと盛り上がりをみせている。
ことの発端は生方氏解任の報道が流れた直後の世論調査で、
支持率がさらに下落。

そもそも生方氏の解任騒動は、
スムーズな運びとはいかなかった。
本人は副幹事長を辞める気などサラサラないか感じの
やりとりが音声としてニュースに流れている。
そんな中での解任だったわけだが、
支持率低下に伴い解任撤回。

参院選を控えているので、
今は事を荒立てたくないということのようだ。
なんというか民主党らしさが出た結末。
反小沢勢力を抱え込んでしまう作戦に出たのかどうかは
知りませんが、
国民からしてみれば時すでに遅しという気がしないでもない。
支持率低下の歯止めになればということでの撤回というのも、
短絡的ではないだろうか。
[PR]
by orenomitidakara | 2010-03-23 18:29 | 政局